愛知県 稲沢市・名古屋市
manayoga

  マナヨガ・マナメソッド since 2004 

 

                                 




                interview  / articles
 




代表yuuka 「苦しさの先にある自分らしい人生」

  



 
 next page  [代表ユウカの想い]  こちらからお読みいただけます。
 
 





「やりたい事しかしない!」manayoga代表yuukaさんが
自由に生きていくためのライフスタイルとは?








 









ヨガインストラクター /  ライター / ラジオパーソナリティ として活躍している、yuukaさん。そんな彼女も会社員として、人生を模索していた時期があった。
旅好きということで飛び込んだ、旅行業界。旅行会社に勤務していたが、体調を崩して会社を辞めることに。その後、美容院の受付やエステで働き始める。その時期、自分の体をケアすることを目的に、ヨガや整体に通うようになる。
やがて施術を受けるよりも、施術をする側に興味を持つようになっていった。
 
 
折しもその時期に働いていた店は、職場の雰囲気が良くなかった。店はいつ潰れてもおかしくない状態で、改善の努力をし続けても難しく、「早く次の仕事を見つけなければ」と同僚と相談する日々だったという。


 
”自分が何をしたいのかわからなかった。でも自分のやりたい事しかしたくない”



ひたすら苦しかった。職が定まらないことで家族の目も気になり辛かった。そんな不安定な日々が続いていたある日の夜、「ヨガの先生になればいいんだ!」と
閃いた。夜中に飛び起きて、通っていたスタジオに、まだ始まってもいないインストラクター養成講座はいつ開催されるか?参加するにはどうすれば良いかメールを送った。
 
 
バカみたいな話だけど、と彼女は笑う。
もともと直感に従うタイプで、行動力もある。ヨガとの出会いも、「なんか面白そう!」と思い、雑誌を見ながら自宅でやってみたことがきっかけだった。そして、次の日にはレッスンを予約していた。







”好きという感覚を大事にする。ワクワクする感じがすれば行動に移す”



そうして、趣味から始めたヨガが現在の仕事につながった。ライターの仕事も、きっかけは書くこと、考える事が好き、という想いだった。ヨガインストラクターの仕事も順調だったが、行動範囲を広げて、新しいことに挑戦してみたい。友人から「物を書く仕事をしたらいいのに」と勧められていたことを思い出した。閃いたのはライターだった。
 
 
ライターの募集記事を見つけて、すぐに応募した。ピンときたものは、とにかくやってみるのが信条だ。今では記事のオファーが来る立場となり、三つのウェブメディアで執筆をしているという。



”どこでも自分の身体一つあればできる仕事をしていきたい。場所を制限される仕事はしないと決めた”



自分のライフスタイルを確立し、信念の軸もしっかりしてきた。しかし、ヨガを始めてからも、「辛い、辞めたい」と思ったことはあった。
ヨガの教えは精神的な内容であり、その解釈に何度も迷いが生じた。身体が思うように動かなくて嫌になったこともある。来てくれる生徒さんを満足させられていないのではないか?と思い悩む事も多くなった。
 
 
ヨガだけでなく、整体や体に関することなど、興味のある分野を勉強していく中で、自分は何をしたいのか、何が伝えたいのかわからなくなる時もあった。
しかし、諦めずに興味のあることを探求し続けていくと、全てが一つにつながる時が来るということに気がついた。




”しんどい時ほど、自分と向き合っている。簡単なことでは無いし、苦しい。だけどこれは必要な痛みなんだという自覚がどこかにある”




ストレス発散法は、ひたすら歩く、ヨガをするなど、とにかく身体を動かすこと。すると心身がスッキリし、新しいアイデアも浮かんでくる。また、読書、映画鑑賞、旅など、好きなことを思う存分するようにしている。そして意識的に一人になる時間を持ち、周りの情報や環境に影響されないようにすることも大切だという。




”でも大事なのは、何が好きより、何が嫌いなのかということ”
 
 
 

何がしたいかわからない人は、嫌いなことを見つける方が、目標を定めやすい。そのために、嫌いなことを一つずつ書き出してみる。嫌いなことを明確にすることで、自然とやりたいことが浮かび上がってくる。
 
 
だが、嫌いなことを書き出す作業は思っている以上に苦痛を伴う。自分自身に嘘をついていることもある。素直に書き出すことができる人は少ないし、彼女もようやく本音を書き出せるようになってきたという。自分の中のブロックを少しずつ外しながら、自分に向き合う時間を持つことの大切さを語ってくれた。





また、道に迷っている時や、何かの転換期には、必ず人との出会いがあり、そこから得たものは大きかった。ヨガのインストラクターを目指す時期は、職場の理不尽や上司のおかげで、自分のやりたいことを行動に移すことができた。
 
 
その後、会社を経営している人たちとの出会いを通じて、人に雇われるのではなく、自分自身で道を切り開いていく生き方があることにも気がついた。



新たに始めたラジオパーソナリティとしての仕事も、きっかけは人とのつながりだった。ラジオ局でパーソナリティの経験があった友人が、一緒に番組をやってみないか、と声をかけてくれたのだ。以前からラジオ番組には興味があり、なんとなくイメージを膨らませていた。
 
だから話が来た時には、落ち着いて受け止めることができた。願えば叶う、そしてチャンスは人が運んでくれる、と確信した。



様々な試行錯誤を経て、今ではそのライフスタイルに自信を持って日々を過ごしている。ヨガインストラクターは、無我無心で相手のために全身全霊を注げる仕事で、まさに天職だと感じる。
 
 
だが、今の仕事にこだわりはなく、自分が楽しいと思うことで、それが人に役立つことなら何でもかまわない。また、仕事の範囲が広がってきたことで、同じ志で共に仕事ができる仲間が欲しい、という想いも叶った。







伝えたいことは、ヨガを通して身体を使っても、ライターとして文章で表現しても、ラジオパーソナリティとして言葉で発信してもいい。自分の想いを、様々なアプローチ方法で伝える働き方がしたかった。その願いは今、現実になっている。




”生活するために仕事をするのではなく、自分のライフスタイルに仕事を合わせていく”




多趣味で好奇心旺盛。自由で潔く、思いやりのある温かさを持っているyuukaさん。今の社会が苦しいと感じている人たちに希望を持ってもらえるような、その生き方を貫いてほしいと思う。
 
 
 




「文・写真 近藤真理子」








 
 
 

 























【お問い合わせ】

〒483-8183
愛知県江南市

TEL:080-5134-0244



お電話での予約可能時間

10:00~20:00

(尚レッスン中は出られませんので  
留守番電話にメッセージを残して下さい。)

 


予約フォームでのご予約
お問い合わせ





レッスンが決まっている方
ダイレクト予約 



 

 




LINK 

 

 

manayogaが分かる
代表yuukaのブログ






manayoga
facebookページ

 


 

Bloom 
(manayoga friends)





 
 

 


HCCOBE 公式コラムニスト










 


中西バレスクール





マリッジコンシェルジェ
fa:en


さくらんぼの会

名古屋手をつなぐ育成会






名古屋市名東区ヨガスタジオ
jyonetsuyoga



おっつ音楽スタジオ



 

 

ヨガハート


 
recommends 

 
 


いいかふぇ
 
 



LaTerra
-Bio Herb-

    



自分メンテナンスルーム
Tami